初めに

ドメインコントローラ(DC)が全てWindows Server 2003/2003 R2 で、
新たに Windows Server 2008 R2 を DC として追加する場合に必要な作業です。
実行は、現在のDC(操作マスタ)で行います。

■操作マスター(FSMO)の確認

—————————————————————–
C:\>ntdsutil
ntdsutil: roles
fsmo maintenance: connections
server connections: connect to domain ss.local
\\sv.ss.local に結合しています…
ローカルでログオンしているユーザーの資格情報を使って \\sv.ss.local に接続しました。
server connections: quit
fsmo maintenance: select operation target
select operation target: list roles for connected server
サーバー “\\sv.ss.local” は 5 個の役割を認識しています
スキーマ – CN=NTDS Settings,CN=SV,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites
,CN=Configuration,DC=ss,DC=local
ドメイン – CN=NTDS Settings,CN=SV,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites
,CN=Configuration,DC=ss,DC=local
PDC – CN=NTDS Settings,CN=SV,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=C
onfiguration,DC=ss,DC=local
RID – CN=NTDS Settings,CN=SV,CN=Servers,CN=Default-First-Site-Name,CN=Sites,CN=C
onfiguration,DC=ss,DC=local
インフラストラクチャ – CN=NTDS Settings,CN=SV,CN=Servers,CN=Default-First-Site-N
ame,CN=Sites,CN=Configuration,DC=ss,DC=local
select operation target: quit
fsmo maintenance: quit
ntdsutil: quit
\\sv.ss.local から切断しています…
———————————————————————-

■ドメインスキーマのアップグレード

Windows Server 2008 R2 のDVDに保存されている adprep.exe は64bit版と32bit版が存在します。
32bit版は adprep32.exe になります。
実行するDCが32bit OS の場合はこちらを実行します。
———————————————————————-
<DVDドライブ>:\support\adprep\adprep32 /forestprep
<DVDドライブ>:\support\adprep\adprep32 /rodcprep
<DVDドライブ>:\support\adprep\adprep32 /domainprep /gpprep
———————————————————————-

Watch The Asian Connection (2016) Full Movie Online Streaming Online and Download