高島市で、PCサポート・販売・ソフト開発を行っています。

ホームページ

ホームページの作成、CGIの設置、データベース環境の設置・作成、Webサイト管理などを行います。

ホームページの作成技術については、いろんな分野にわかれます。HTML、CSS、JavaScript、VBScript、Perl、PHP、MySQL、PostgreSQLなどたくさんあります。各分野に対して多少なりとも勉強していますが、まだまだ知識の足らない部分もあります。

当方で作成できるホームページとしては、当ホームページのようなシンプルなデザイン内容のものに限らさせて頂きます。今後、当方ではデータベースを利用したサイトの構築に力を入れていく予定です。

又、Webとデータベースを利用した、簡単な社内Webアプリ(イントラネット)の構築も行います。

ホームページ作成

◇作成に必要な情報

・ホームページに掲載する情報
・全体のデザイン(ご要望のある場合)
・指定ロゴ・マーク、写真等の画像(ある場合)
・CGI設置(フォームメール、掲示板、ショッピングカート等)が必要かどうか。
・PHP+MySQLデータベース利用されるかどうか。
(※データベースはプロバイダーの無料スペースでは利用できません)

◇作成の流れ

[打ち合わせ]

全体の構想とデザイン内容
掲載する情報量の確認
利用する技術の確認。(CGI、データベース等)
ご予算確認

[概算見積金額提示]

打ち合わせの内容に合わせて見積金額を提示します。
金額がご予算に合わない場合は再度打ち合わせ。又は、キャンセルとなります。

[掲載する情報の受け取り]

作成していく途中で情報量や内容が変わってくる可能性があります。十分検討した上でお渡しください。情報は箇条書きにして全体の構成がわかりやすいように作成してください。
必要なロゴや画像があればお渡し頂きます。

[作成開始]

全体の基本デザインを決めトップページを作成します。
デザインの確認は当方のWeb上でして頂きます。
確認後OKなら、残りのページを作成をします。

[完成確認]

すべて仕上がったら、当方のWeb上にて 確認をして頂きます。

[Webサイトアップロード]

ユーザー様でアップロードできない場合は、こちらでアップロード致します。
CGI設置、データベース等利用される場合は、環境の構築を行います。

ユーザー様サイトにて、最終確認をして頂きます。
問題なければ完成です。

◇作成期間

当方はサポート業務や他の作業も行っている関係上、時期によっては予定がつまっている場合がございます。十分余裕をもってご依頼して頂けますようお願い致します。

内容により作成期間は変わります。
作成開始後、約1週間~3ヶ月程度

独自ドメインサイトの立ち上げ

独自ドメインでのWebサイトを立ち上げご希望の場合、立ち上げ支援を致します。

◇独自ドメイン取得

独自ドメインはすでに登録済のドメイン名は使用できません。いわば早い者勝ちです。過去に取得可能であったドメイン名が現在では、取得できなくなっている事が多いです。特に短いドメイン名の場合大半がすでに登録済みです。

[主なドメイン名 ]

「○○○.co.jp」「○○○.com」「○○○.net」「○○○.jp」「○○○.org」
「○○○.info」「○○○.biz」 etc

「co.jp」だけは法人企業しか取得ができません。
( 1企業につき1個のみ取得可能です)

その他のドメインは汎用ドメインで、誰でもが取得可能です。

[取得手続き]

レジストラと呼ばれる業者から直接取得する方法と、レンタルサーバー業者に依頼する方法があります。

※独自ドメインを取得したいが、方法がわからない方は取得代行致します。

◇レンタルサーバー(ホスティングサービス)

独自ドメインを取得したら、Webサイトを立ち上げる場所が必要です。
一番多いのが、レンタルサーバーを借りる方法です。レンタルサーバーの業者はいろんな業者がありどこが良いのか悩むところです。価格だけでは判断できない部分もありますので、実際のところは、一度利用してみないとわからない部分があります。

業者のホームページから得られる情報から判断できるのは、金額と利用できる機能や制限事項です。次に確認したいのは、速度とサーバーの安定性ですが、これに関しては実際に使用してみないとわからないのが現実です。あとサポート体制も気になるところです。

激安の業者もありますが、利用できる機能が制限されていたり、速度が遅かったり、対応がわるかったりといった事をあらかじめ覚悟しておく必要があります。
そうでない業者もあるでしょうが?

レンタル料金は安いところで、1,000円/月程度
そこそこ利用できそうなところで、3,000円/月程度 ではないでしょうか?

個人で利用するなら安いところでもいいでしょうが、企業が利用するのであれば 3,000円/月 以上のコースがお勧めです。

制限事項として、アダルト系やチャットなど負荷のかかるCGIの利用は禁止されている業者がほとんどです。

あと、月のWeb転送量がある一定量を越したら、その分、別途請求されるケースが多いです。中には転送量無制限としている業者もありますが、そういった業者でも注意書の中に、「極端に転送量が増えた場合上位コースへ移行して頂きます。」のような事が書かれています。

レンタルサーバーのタイプは大きく分けて、共用タイプ、専用サーバータイプ、VPSタイプがあります。
専用サーバーとVPSタイプの中にはマネージドタイプとアンマネージドタイプにわかれている事もあります。

[共用タイプ]

一番安く利用できるタイプです。複数のサイトが同一OS上で共存する形になります。
管理はレンタルサーバー業者になりますので、管理コストはかかりませんが、自由度がありません。
また、他のサイトで不具合が発生した場合、負荷があった場合に影響を受けます。

レンタル費用:500円/月~5,000円/月

[専用サーバータイプ]

サーバー機を丸ごと1台借りるタイプです。
価格は高額になりますが、自由度が高くなります。root権限(管理者権限)をあたえられ、自由にサイトを構築できます。
通常はアンマネージドタイプ(レンタルサーバー業者が管理しない)になりますので、利用者が責任を持って管理する必要があります。
Linuxの知識のある人でないとこのタイプの利用はできません。

レンタル費用:10,000円/月~40,000円/月

※あまり低価格なタイプは速度やサーバースペックが低い為お薦めできません。

[VPSタイプ]

最近ふえてきたタイプです。
仮想サーバータイプになります。ハード的には1台のサーバーの中に仮想マシンを複数作成し、その仮想マシンをレンタルする方式です。
専用サーバーと同じような自由度があり、root権限(管理者権限)があたえられます。
Linuxの知識のある人でないとこのタイプの利用はできません。
ハード的に1台のサーバーの中に複数の仮想マシンが動作している関係上、リソースの制限が発生します。
うかつに、安いと思って借りるとリソースが足りなくて正常動作させられないケースが多々あります。

以前(2010年以前)までは、3,000円/月までの低価格なVPSはまともなものはありませんでした。
安いだけで、リソースが制限されていて、いろんなサービスを起動しようとしても勝手に別の起動中サービスが停止させられてしまいます。

しかし、現在では低価格なものでもこういった事がないタイプもでてきています。

仮想化ソフトとしては、Virtuozzo、Xen、KVM、VMware、Hiper-V等があります。
レンタルサーバーでLinux OS で利用されているものは、Virtuozzo、Xen、KVM がほとんどです。
以前は、Virtuozzo を採用しているケースが多く、リソース制限がかけられている為正常動作させられない事が多々ありました。

XenやKVMはリソース制限にサービス強制停止はないようですので、速度が遅くなったとしても正常動作します。

低価格でお薦めなのは、さくらVPSシリーズです。
当方でも借りてテストしましたが、多数のサービスを起動しても動作します。

※自社でレンタルサーバーを借りてサーバー構築できない方は管理も含めて当方で設定する事も可能です。

◇自社(自宅)公開Webサーバー

自社(自宅)でインターネットへの公開Webサーバーを立ち上げたい場合ですが、方法はいくつかありますが、本格的に立ち上げるには相当な費用がかかってきます。なぜかというと、DNSサーバーx2台、Webサーバー、ルーターといった機器と機器に割り当てる固定IPアドレスを取得する必要があるからです。また、セキュリティー対策の為のファイヤーウォールも必要です。

手軽に利用できる方法としては、一番安くつく方法はダイナミックDNSサービスを利用する方法です。この方法ですと、独自ドメインを取得しなくても自社(自宅)サーバーを立ち上げる事が可能です。費用もほとんどかかりません。

しかし、メリットばかりではありません。デメリットとしては、まずセキュリティーの問題です。公開Webサーバーとその他のパソコンを同じセグメントで動作させる以上、公開Webサーバーを踏み台にされ進入される可能性がでてきます。

次に問題になるのが、速度と安定性です。たとえばADSL回線ですと、上り速度が1MB程度ですので、Web配信の速度はそれ以上にはなりません。光ファイバーであれば上りも下りも10MB~30MBですのでそこそこ速度がでると思われます。
また、接続している回線に障害が発生したらWebサーバーがダウンする事になります。

以上の事をふまえて公開Webサーバーを立ち上げる必要があります。

メールサーバーを立ち上げる場合、スパムメール対策が必要です。うかつに立ち上げるとスパムメールの踏み台にされ、何万通というメールを配信されてしまいます。以前、当方もそういった目にあった事があります。結果としてスパムメール防止管理団体からプロバイダーへ警告がいき、プロバイダーからこちらへ警告がきました。もちろん警告がくる前に気づいてサーバーを停止しました。

インターネット上には大量のウイルスや侵入を試みようとするパケットが流れています。常に公開Webサーバーは危険にさらされているという事を念頭においておく事が必要です。

●社内Webサーバー(非公開)

インターネットに公開しない社内だけのWebサーバーの事です。社内に情報を発信するのに最適です。又、Webサーバーとデータベースを利用したイントラネットが構築可能です。クライアントに専用ソフトが必要ありませんのでメンテナンスはサーバー内に保存してあるファイルだけですみます。簡単な内容の物であれば割と簡単に構築可能です。

[WebサーバーがWindowsの場合]

IinternetInfomationServer + SQL Serverの組み合わせでASP.Netを利用します。
Apache + SQL Server の組み合わせでPHPを利用します。

[WebサーバーがLinuxの場合]

Apache + MySQL又はPostgreSQLの組み合わせで、PHPを利用します。

社内だけに公開するので、セキュリティー上問題なく使用できます。

お問い合わせはこちらまで TEL 0740-32-1631 AM 9:00 ~ PM 5:00

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © パソコン便利屋 SS-NET All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.